大腸にはビフィズス菌

乳酸菌とビフィズス菌はどちらも腸で生息する善玉菌ですが、その違いは体内の生息場所にあります。乳酸菌は小腸に生息して「乳酸」を作り出し、ビフィズス菌は大腸に生息し、「乳酸」以外に「酢酸」も作り出します。この「酢酸」が大腸環境のポイントなのです。排出と蓄積を担う大腸の働きが乱れると、健康に影響をおよぼすこともあります。スムーズな毎日に働きかけるのは、大腸で生息するビフィズス菌なのです。

大腸にはビフィズス菌

年齢とともに減り続ける大腸内のビフィズス菌

ビフィズス菌はもともと私たちの体内に存在するものの、加齢とともに減少してしまいます。乳児期の腸内細菌叢95%をピークに徐々に減り始め、中年期を迎える頃には大幅に減少、高齢者ではわずか1%未満になる人もいます。
腸内フローラを善玉菌優位にしましょう。

大腸にはビフィズス菌