小腸には乳酸菌

通性嫌気性の乳酸菌 【L・acidophilus】

小腸の腸管の免疫細胞が集まっている部分に入り込むことが確認されており、免疫細胞に働きかけることで全身の免疫機能を調整し、アレルギー症状を改善したり、ウィルス感染を予防する可能性があります。

通性嫌気性の乳酸菌 【L・acidophilus】

お米由来の植物性乳酸菌(殺菌) 【L・casei】

お米から生まれた乳酸菌の働きとしては、腸内の有害菌の繁殖を抑えて消化吸収性を改善、便通を整えます。また、抗変異原性効果により体外への排出効果が高いことも特徴です。

植物性乳酸菌とは・・・

野菜や穀物など植物の発酵に関わる乳酸菌のことで、生物学的にはヨーグルトなどの動物性乳酸菌と同じです。日本人は昔から漬物や味噌などを日常的に食べており、これらの発酵食品にいる乳酸菌はすべて植物性乳酸菌です。それゆえ日本人にとって植物性乳酸菌は、なじみ深い乳酸菌といえるでしょう。植物性乳酸菌は動物性乳酸菌と比べ過酷な環境を生き抜いてきた力強い乳酸菌であることも大きな特徴です。植物には乳酸菌の栄養になる成分も含まれていますが、一方で乳酸菌の生育を阻害する成分も含まれています。動物性乳酸菌が存在する牛乳などの環境と比べ、生存する環境としてはとても過酷です。また、植物性の環境は決してひとつではありません。植物の種類が異なれば、含まれる成分も異なり、その環境は多岐にわたります。したがって、発酵している植物からさまざまな個性ある乳酸菌が見つかるのも植物性乳酸菌の特徴といえます。お米に由来した乳酸菌はお米の環境に適合して生きてきた乳酸菌です。そのような植物性乳酸菌は、昔からお米を主食とする日本人にとって、とても相性が良いといえるでしょう。

お米由来の植物性乳酸菌(殺菌) 【L・casei】

麦芽由来の植物性乳酸菌(生菌) 【Lactobacillus】

通常の乳酸菌は乾燥や熱・酸に弱く、麦芽由来の植物性乳酸菌は、通常、胞子の殻で菌体を守っているので、熱や胃酸、乾燥に強く、しかもその胞は腸管内で発芽し乳酸菌と同じ働きをします。

Lactobacillus
麦芽由来の植物性乳酸菌(生菌) 【Lactobacillus】